Excel

ACOT関数 数値の逆余接(アークコタンジェント)を返す


このページでは、Microsoft Excel の ACOT 関数の使い方について説明します。

概要

指定した数値に対する逆余接(アークコタンジェント)を計算します。得られる値は、0~PIの範囲のラジアン単位の角度となります。

書式

=ACOT(数値)

引数 必須 説明
数値 数値を指定します。

注意点

  • 計算で得られたラジアン単位の角度は、180/PI()を掛けるか、DEGREES関数を利用することで度単位に変換することができます。

14

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式