Excel

IMAGINARY関数 複素数の虚部を取得する


このページでは、Microsoft Excel の IMAGINARY 関数の使い方について説明します。


概要

IMAGINARY関数は、[複素数] から虚部の値bを取り出します。

指定した複素数の虚部(a + biのb)の値を実数として返します。


書式

=IMAGINARY(複素数)

引数 必須 説明
複素数 複数の複素数をa + bi(iは虚数単位)という形式の文字列で指定します。セル範囲を指定することもできます。


備考

  • 虚数単位には「i」の他「j」も利用できます。
  • 虚数部分を持たない実数(a)や、実数部分を持たない純虚数(bi)を指定することもできます。実数の場合は、文字列ではなく、数値を指定することも可能です。

18

関連したノート
Excel
IMREAL関数

複素数の実部を取得する

Andnote公式

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式