Excel

VDB関数 倍額定率法で減価償却費を計算する(期間)


このページでは、Microsoft Excel の VDB 関数の使い方について説明します。

概要

指定した期間における減価償却費を倍数定率法で計算します。VDEはVariable Declining Balanceの略です。

書式

=VDB(取得価額, 残存価額, 耐用年数, 開始期, 終了期 [, 率, 切り替え方法])

引数 必須 説明
取得価額 資産の取得価額を指定します。
残存価額 耐用年数が終了した時点での資産の価額を指定します。
耐用年数 資産の耐用年数を指定します。
開始期 計算の対象となる最初の期を指定します。
終了期 計算の対象となる最後の期を指定します。
償却率を指定します。省略すると2が指定されたものとみなされます。
定額法への切り替え有無 途中で定額法に切り替えるかどうかを真偽値で指定します。
TRUE すべての期で倍額定率法を使う。
FALSE 定額法での減価償却費のほうが大きくなった場合に、それ以降の期に定額法に切り替える。

80

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式