Excel

FISHER関数 フィッシャー変換の結果を返す


このページでは、Microsoft Excel の FISHER関数の使い方について説明します。

概要

相関係数xをフィッシャー変換(z変換)した値を求めます。

フィッシャー変換を行うと、標本相関係数を正規分布で近似させることができます。

フィッシャー変換は次の式により与えられます。

$$z(x) = {1 \over 2} \log_{e} {1 + x \over 1 - x}$$

書式

=FISHER(x)

引数 必須 説明
x 変換する数値を指定します。

注意点

  • x <= -1、x >= 1の場合はエラー値#NUM!が返されます。
  • ATANH関数を使用しても同じ結果が得られます。

22

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式