Excel

NEGBINOMDIST関数 負の二項分布の確率を求める


このページでは、Microsoft Excel のNEGBINOMDIST関数の使い方について説明します。

概要

各試行が成功する確率が与えられたときに、指定した回数失敗と成功が起こる確率を求めます。

書式

=NEGBINOMDIST(失敗数, 成功数, 成功率)

引数 必須 説明
失敗数 試行における失敗回数を指定します。
成功数 試行における成功回数を指定します。
成功率 各試行が成功する確率を指定します。

注意点

  • NEGBINOMDIST関数は、Excel2010で追加されたNEGBINOM.DIST関数の互換性関数ですが、関数形式の引数がありません。

20

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式