Excel

STDEVA関数 複数の数値の標準偏差の推定値を返す


このページでは、Microsoft Excel の STDEVA関数の使い方について説明します。

概要

指定した数値を標本として、母集団の標準偏差の推定値(不偏標準偏差)を計算します。

書式

=STDEVA(値1[, 値2, ..., 値255])

引数 必須 説明
複数の数値を別々の引数として指定します。引数は255個まで指定できます。

15

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式