Excel

COUNTBLANK関数 指定した範囲の中の空白セルの個数を求める


このページでは、Microsoft Excel の COUNTBLANK関数の使い方について説明します。


概要

指定した範囲の中に空白のセルがいくつあるのかを求めます。


書式

=COUNTBLANK(範囲)

引数 必須 説明
範囲 空白セルの個数を求めたい範囲を指定します。


使用例

例:表内の空白セルの個数を求める

IMG_8F58A60D8F59-1.jpeg

IMG_D3392EF9F82C-1.jpeg


備考

  • 引数は1つだけしか指定できません。
  • 範囲に値や数式を直接指定することはできません。
  • 半角スペースや全角スペース数式などがが入力されているセルは個数として数えられません。
  • 数式が入力されている場合、結果が「""」(空白の文字列)であれば個数として数えられます。

13

関連したノート
Excel
COUNT関数

範囲内の数値データの個数を求める

Andnote公式

Excel
ISBLANK関数

対象のセルが空白セルかを調べる

Andnote公式

Excel
COUNT関数に関連する関数のまとめ

様々なCOUNT関数をまとめました。

Andnote公式

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式