Excel

CHAR関数 文字コード(ASCII、JISコード)を文字に変換する


このページでは、Microsoft Excel の CHAR関数の使い方について説明します。


概要

指定した文字コードに対応した文字を返します。

文字コードにはASCIIコード(半角文字)とJISコード(全角文字)を指定することができます。


書式

=CHAR(数値)

引数 必須 説明
数値 文字コードを数値で指定します。


使用例

改行を表す文字コード「10」を利用して、他のセルから参照した郵便番号(A2セル)と住所(B2セル)との間に改行を入れる。

=A2&CHAR(10)&B2

備考

  • 文字コードにUnicodeを使用したい場合は、UNICHAR関数を利用します。

17

関連したノート
Excel
CODE関数

文字を文字コード(ASCII/JIS)に変換する

Andnote公式

Excel
UNICODE関数

文字を文字コード(Unicode)に変換する

Andnote公式

Excel
UNICHAR関数

文字コード(Unicode)を文字に変換する

Andnote公式


一覧に戻る