Excel

数値の丸め方のまとめ 切り上げ、切り捨て、四捨五入といった数値の丸め方について整理しました。


消費税の計算など、Excelでは計算した値の一部を丸める作業をよく行います。

ここでは、数値の丸めに関連したExcel関数の種類とその使い方について整理いたしました。


数値の丸めに利用できる関数

目的 関数
切り上げ =ROUNDUP(数値, 桁数)
四捨五入 =ROUND(数値, 桁数)
切り捨て =ROUNDDOWN(数値, 桁数)
=TRUNC(数値 [, 桁数])

Excelで数値を丸めるには、この四つの関数がよく利用されます。TRUNC関数はROUNDDOWN関数と同じ働きをしますが、二つ目の引数である桁数を省略することができるという違いがあります。(省略した場合は0が設定されているとみなされます。)

「ROUND」という単語を軸に、四捨五入ならそのまま「ROUND」、切り上げなら「ROUND + UP ⇒ ROUNDUP」、切り捨て(切り下げ)なら「ROUND + DOWN ⇒ ROUNDDOWN」と考えると、覚えやすいかと思います。


桁数の指定の仕方

全ての関数に共通して、二つ目の引数で丸める桁数を整数値で指定します。丸めの位置が小数部分か整数部分かによって、正の値を設定するか負の値を設定するかが変わってきますので注意しましょう。

桁数 丸めの位置
正の整数 小数点以下の指定した数値より一つ下の位に対して丸めを行います。 数値123.456に桁数1を指定した場合、123.4 5 6に対して丸めが行われる。
0 小数点以下第一位に対して丸めを行います。 数値123.456に桁数0を指定した場合、123. 4 56に対して丸めが行われる。
負の整数 整数部分の指定した数値の位に対して丸めを行います。 数値123.456に桁数-2を指定した場合、1 2 3.456に対して丸めが行われる。

一見複雑ですが、有効桁数の値を小数点以下を基準に指定すると考えると分かりやすいかもしれません。


使用例

123.456という数値に対し、ROUNDUP、ROUND、ROUNDDOWN(TRUNCATE)を使用した場合に、どのような値が返されるかの例を示します。

関数 数値 丸め後の値(桁数別)
-2 -1 0 1 2
ROUNDUP(切り上げ) 123.456 200 130 124 123.5 123.46
ROUND(四捨五入) 100 120 123 123.5 123.46
ROUNDDOWN(切り捨て) 100 120 123 123.4 123.45

85

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式