Excel

CHOOSE関数 入力された数字によって表示内容を変える


このページでは、Microsoft Excel の CHOOSE関数の使い方について説明します。


概要

入力した数字によって、表示する内容を変えることができます。


書式

=CHOOSE(インデックス, 値1, 値2, ..., 値254)

引数 必須 説明
インデックス データを参照するセルを指定。インデックスに指定したセルの中には、必ず1~254の数字を入れます。
値1、値2、値3…と最大で値254まで入力することができます。インデックスに指定されたセル内の数字が、値1、値2、値3…の順番と同じなので、セル内に1が入っていたら値1の内容、2が入っていたら値2の内容、3が入っていたら値3の内容が反映されます。


使用例

例1 - 引数に文字列の挿入

B87E4058-1CE3-4FA2-A1C8-9CED0676F74D.jpeg

  • セルB7(B7, B8, B9…)に入力されている数字が1だったら "独身" 、2だったら "既婚" 、3だったら "離婚" を表示させるようになっています。
  • セルB15には、4が入力されているため、セルC15はエラー(#VALUE!)が表示されています。4番目の文字列を表示させるためには、数式に4つ目の文字列の指定が必要です。


例2 - 引数に関数の挿入

PNGイメージ 2020-04-04 04_14_45.png

セルB2(黄色)に入力されている値が1だったら合計、2だったら最大値、3だったら最小値を表示させるようになっています。
このように関数式内のの設定に、文字列ではなく関数を入れることもできます。


備考

  • インデックスに小数点を含んだ数字が入力されていた場合には、小数点以下を切り捨てた整数部分が参照されます。
  • 関数式内の(値1、値2、値3…)の個数よりも、大きい数字が入力されている場合には、エラー(#VALUE!)になります。
  • 値1、値2、値3…には、文字列として内容を入力する以外にも、数値、セル参照、名前、数式、関数等を入力することもできます。

19

関連したノート
Excel
SUM関数

数値を合計する

Andnote公式

Excel
COUNT関数

範囲内の数値データの個数を求める

Andnote公式

Excel
AVERAGE関数

数値の平均値を求める

Andnote公式

Excel
MAX関数

数値の最大値を求める

Andnote公式

Excel
MIN関数

数値の最小値を求める

Andnote公式

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式