Excel

CELL関数 セルの書式・位置・内容の情報を得る


このページでは、Microsoft Excel の CELL(セル)関数の使い方について説明します。


概要

CELL 関数は、セルの書式、位置(セル参照、列番号、行番号など)、または内容に関する情報を返します。
引数の 検査の種類 には調ベる内容を表す文字列を二重引用符「"」で囲んで指定します。あるいは、文字列が入力されたセルの参照を指定してください。

たとえば、セルに対して計算を実行する前に、そのセルに文字列ではなく数値が含まれていることを確認する場合は、次の数式を使用します。

= IF (CELL("type", A1) = "y", A1 * 4, 0)

この数式は、セル A1 に数値が含まれている場合にのみ A1*4 の計算を実行し、A1 に文字列が含まれている場合または A1 が空白の場合は 0 を返します。


書式

=CELL(検査の種類 [, 対象範囲])

引数 必須 説明
検査の種類 得たい情報の種類を、以下の文字列で指定します。
"address" 対象範囲の左上隅にあるセルの参照(アドレス)を得る。
"col" セルの対象範囲の左上隅にある列番号を得る。
"color" セルに負の数を色付きで表わす表示形式が設定されているかを調べる。設定されている場合は1、それ以外の場合は0(ゼロ)。
"contents" 対象範囲の左上隅にあるセルの値(数式ではない)を得る。
"filename" 対象範囲を含むファイルのフルパス名(文字列)。保存されていなかった場合は、空白文字列を返す。
"format" セルに指定されている表示形式を得る。各種の表示形式に対応する文字列定数については、以下参照。セルが負数に対応する色で書式設定されている場合、文字列定数の末尾に"-"が付きます。正数またはすべての値をかっこで囲む書式がセルに設定されている場合は、結果の文字列定数の末尾に"()"が付きます。
"parentheses" 数値を( )で囲むユーザー定義の表示形式が設定されているかどうかを調べる。設定されている場合は1、それ以外は0(ゼロ)。
"prefix" セルの"文字位置"に対応する文字列定数。セルが左詰めの文字列を含むときは単一引用符(')右詰めの文字列を含むときは二重引用符(")、中央揃えの文字列を含むときはキャレット(^)、両揃えの文字列を含むときは円記号(¥)、またセルにそれ以外のデータが入力されているときは、空白文字列("")になります。
"protect" セルがロックされているかどうかを調べる。されていない場合は0(ゼロ)、されている場合は1。
"row" 対象範囲の左上隅にあるセルの行番号を得る。
"types" セルに入力されているデータを調べます。セルに含まれるデータのタイプに対応する文字列定数。セルが空白の場合は"b"(Blankの頭文字)、セルに文字列定数が入力されている場合"l"(Labelの頭文字)、その他の値が入力されている場合は"v"(Valueの頭文字)になります。
"width" 小数点以下を切り捨てた整数のセル幅。セル幅の単位は、規定のフォントサイズの1文字の幅と等しくなります。
対象範囲 情報を得たいセルのセル参照を指定します。


使用例

CELL関数の数式を入力し始めると、説明文が出てきます。

Screen Shot 2020-10-11 at 15.26.54.png


"=CELL("と入力すると、検査の種類の一覧が出てきますので、それを選択します。直接入力する場合は、"" ダブルクオーテーションで囲みます。

Screen Shot 2020-10-11 at 15.26.48.png


行番号を取得

Screen Shot 2020-10-11 at 15.25.18.png


行番号を取得

Screen Shot 2020-10-11 at 15.25.51.png


セルの内容を取得

Screen Shot 2020-10-11 at 15.26.10.png


セル幅を取得

Screen Shot 2020-10-11 at 15.26.03.png


列番号を取得

Screen Shot 2020-10-11 at 15.26.18.png


備考

  • 対象範囲 を省略した場合は、CELL(セル)関数が入力されているセルの情報が得られます。
  • CELL(セル)関数は主に、IF関数の引数の[論理式]を指定するために利用されます。これにより、対象のセルの情報に応じて返す値を変えることができます。
  • 検査の種類 引数が "format" であり、対象範囲 引数が組み込みの表示形式で書式設定されたセルである場合に返される文字列値を以下に示します。


書式コードの一覧

書式コード 表示形式の例
G G/標準
#?/?
F0 0
F2 0
,0 #,##0
,2 #,##0.00
,0 #,##0;-#,##0
,0 $#,##0_);($#,##0)
,2 #,##0.00;-#,##0.00
,2 $#,##0.00_);($#,##0.00)
,0- #,##0;[赤]-#,##0
,2- #,##0.00;[赤]-#,##0.00
C0 ¥#,##0_);(¥#,##0)
C2 ¥#,##0.00_);(¥#,##0.00)
C0- ¥#,##0_);[赤](¥#,##0)
C2- ¥#,##0.00_);[赤](¥#,##0.00)
P0 0%
P2 0.00%
S0 0.00E+00
S2 0.00E+00
D1 yyyy/m/d
yyyy"年"m"月"d"日"
yyyy/m/d h:mm
d-mmm-yy
m/d/yy
D2 mmm-yy
D3 d-mmm
D4 ge.m.d
ggge"年"m"月"d"日"
D6 h:mm:ss AM/PM
D7 h:mm AM/PM
D8 h:mm:ss
h"時"mm"分"ss"秒"
D9 h:mm
h"時"mm"分"

6


一覧に戻る