Excel

IFERROR関数 エラー値の時に別の値を返す


このページでは、Microsoft Excel の IFERROR関数の使い方について説明します。


概要

指定した値が次のエラー値の場合に、第二引数に設定した別の値を返します。

  • #DIV/0!
  • #N/A
  • #NAME?
  • #NULL!
  • #NUM!
  • #REF!
  • #VALUE!

エラー値でない場合は、指定した値をそのまま返します。


書式

=IFERROR(値, エラーの場合の値)

引数 必須 説明
エラー値が含まれる可能性がある値を指定します。
エラーの場合の値 値がエラー値の場合に返す値を設定します。


備考

  • エラー値「#N/A」のみに対応させたい場合は、IFNA関数を利用します。

21

関連したノート
Excel
IFNA関数

エラー値「#N/A」の時に別の値を返す

Andnote公式

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式