Excel

NOT関数 真偽値を反転させる


このページでは、Microsoft Excel の NOT関数の使い方について説明します。


概要

引数にTRUE(真)を渡すとFALSE(偽)を返し、FALSEを渡すとTRUEを返します。


書式

=NOT(論理式)

引数 必須 説明
論理式 TRUEまたはFALSEを返す論理式を指定します。


備考

  • 数値や空白セルへの参照を引数とした場合、それぞれ次の真偽値を与えたものとみなされます。
引数 真偽値
0 FALSE
0以外の数値 TRUE
空白のセルへの参照 FALSE

17

関連したノート
Excel
AND関数

すべての条件が満たされているときにTRUEを返す

Andnote公式

Excel
OR関数

少なくとも一つの条件が満たされているときにTRUEを返す

Andnote公式

Excel
XOR関数

2つの条件の結果が異なる場合にTRUEを返す

Andnote公式

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式