Excel

NOT関数 真偽値を反転させる


このページでは、Microsoft Excel の NOT関数の使い方について説明します。


概要

引数にTRUE(真)を渡すとFALSE(偽)を返し、FALSEを渡すとTRUEを返します。


書式

=NOT(論理式)

引数 必須 説明
論理式 TRUEまたはFALSEを返す論理式を指定します。


備考

  • 数値や空白セルへの参照を引数とした場合、それぞれ次の真偽値を与えたものとみなされます。
引数 真偽値
0 FALSE
0以外の数値 TRUE
空白のセルへの参照 FALSE

48

関連したノート
Excel
AND関数

すべての条件が満たされているときにTRUEを返す

Andnote公式

Excel
OR関数

少なくとも一つの条件が満たされているときにTRUEを返す

Andnote公式

Excel
XOR関数

2つの条件の結果が異なる場合にTRUEを返す

Andnote公式


一覧に戻る