Excel

EOMONTH関数 数カ月前や数カ月後の月末を取得する


このページでは、Microsoft Excel の EOMONTH関数の使い方について説明します。

概要

「開始日」を起点として、指定した「月数」分だけ後または前の月の最終日を表すシリアル値を返します。

書式

=EOMONTH(開始日, 月数)

引数 説明
開始日 起点となる日付をシリアル値または文字列で指定します。
月数 開始日から前後させる月数を指定します。正の数を指定すると開始日よりも後、負の数を指定すると開始日よりも前の月を指定することとができます。開始日が含まれる月の最終日を取得する場合は0を指定します。

注意点

  • シリアル値とは、特定の日の日付を、1900年1月1日を「1」として、その後の経過日数の数値で表したものです。
  • 開始日を文字列で指定する場合は「2018/9/3」や「2018-9-3」といったフォーマットが利用できます。
  • 「月数」に小数点を含む数値を指定した場合、小数点以下が切り捨てられた整数として扱われます。

17

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式