Excel

TIMEVALUE関数 時刻を表す文字列をシリアル値に変換する。


このページでは、Microsoft Excel の TIMEVALUE関数の使い方について説明します。

概要

時刻を表す文字列をシリアル値に変換します。

書式

=TIMEVALUE(時刻文字列)

引数 説明
時刻文字列 時刻を表す文字列を指定します。"15:50"、"3:50 PM"、"15時50分30秒"等の形式が指定できます。日付の情報は無視され、戻り値は少数点数となります。

18

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式