Excel

SUBTOTAL関数 さまざまな集計値を求める


このページでは、Microsoft Excel の SUBTOTAL関数の使い方について説明します。

概要

指定した範囲の様々な集計値を取得します。集計方法は11通りから指定することができます。

書式

=SUBTOTAL(集計方法, 参照1 [, 参照2, ..., 参照254])

引数 必須 説明
集計方法 集計に使用する関数の種類を1〜11または101~111の値で指定します。101~111の値を指定した場合は、非表示の行は集計対象から外されます。(非表示の列は含まれます。)
関数 説明
1または101 AVERAGE 平均値
2または102 COUNT 数値の個数
3または103 COUNTA データ個数
4または104 MAX 最大値
5または105 MIN 最小値
6または106 PRODUCT
7または107 STDEV.S 不偏標準偏差
8または108 STDEV.P 標本標準偏差
9または109 SUM 合計値
10または110 VAR.S 不偏分散
11または111 VAR.P 標本分散
参照1~254 集計したい数値が含まれるセルまたはセル範囲の参照を指定します。

使用例

さまざまな集計をする。

注意点

  • Excel2010以降では、SUBTOTAL関数を強化したAGGREGATE関数を使うことができます。
  • 指定した「参照」の中に、他のSUBTOTAL関数が含まれている場合は、その値は除外されます。

1


一覧に戻る