Excel

TRIM関数 余計な空白文字を削除する


このページでは、Microsoft Excel の TRIM関数の使い方について説明します。

概要

指定した文字列の先頭と末尾にある空白文字を削除します。また、文字列の途中に連続した空白がある場合は、最初の空白だけ残して残りを削除します。空白を削除後の文字列を戻り値として返します。

書式

=TRIM(文字列)

引数 説明
文字列 空白文字を削除したい文字列を指定します。

使用例

住所の余計な空白文字を削除する。

注意点

  • 全角と半角のいずれの空白文字も削除します。

20

関連したノート
Excel
CLEAN関数

改行コード等の印刷できない文字を削除する

Andnote公式

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式