Excel

SUBSTITUTE関数 検索した文字列を置き換える


このページでは、Microsoft Excel の SUBSTITUTE関数の使い方について説明します。

概要

文字列の一部を置換します。指定した検索文字列が複数ある場合には、何番目の文字列を置換するか指定することができます。

書式

=SUBSTITUTE(文字列, 検索文字列, 置換文字列 [, 置換対象])

引数 必須 説明
文字列 置換させたい文字列が含まれる文字列を指定します。
検索文字列 置換の対象となる文字列を指定します。
置換文字列 見つかった「検索文字列」と置き換える文字列を指定します。
置換対象 複数の「検索文字列」が見つかった場合に、何番目の文字列を置き換えるかを数値で指定します。省略した場合は、ヒットしたすべての「検索文字列」が置き換えられます。

使用例

商品名の「エクセル」を「Excel」に置き換える。

注意

  • 文字列の代わりに数値を指定することもできます。
  • 「置換文字列」に空白文字「""」を指定すると、見つかった「検索文字列」を削除した文字列を取得することができます。
  • ローマ字の大文字と小文字、半角と全角はそれぞれ区別して扱われます。

14

このライターの人気ノート
Excel
0埋め(ゼロパディング)

指定した桁数になるまで0で埋める

Andnote公式

Excel
VBAでJSON文字列をパース

VBAでJSON文字列をパース(デシリアライズ)して、その要素にアクセスする方法。

Andnote公式

Excel
ウォーターフォール図の作成

ウォーターフォール図を使って、経営判断のスピードを上げる手法

Andnote公式