TYPE関数 データの種類を調べる
0


このページでは、Microsoft Excel の TYPE関数の使い方について説明します。


概要

指定したデータの種類を返します。

戻り値データの種類
1数値
2文字列
3論理値
16エラー
64配列
128複合データ


書式

=TYPE(値)

引数 必須 説明
テストの対象 種類を調べたいデータを指定します。

28


一覧に戻る