LOOKUP関数 指定した範囲内から検索値に近い値もしくは一致する値を検索する
0


このページでは、Microsoft Excel の LOOKUP関数の使い方について説明します。


概要

検索したい値(検索値) を検索する対象(検索範囲)から見つけ、表示させたい範囲(対応範囲) にある値を表示させます。LOOKUP関数には「ベクトル形式」と「配列形式」の2種類があります。ここでは「ベクトル形式」のLOOKUP関数について解説します。


書式

=LOOKUP(検索値, 検索範囲, 対応範囲)

引数 必須 説明
検索値 検索したい値。英字の大文字と小文字は区別されません。全角文字と半角文字は区別されます。
検索範囲 検索する範囲(データ)。
対応範囲 表示させたい値(データ)の範囲。検索範囲内で検索値が見つかれば、それに対応した対応範囲の値が表示されます。


使用例

20200402_071023123_iOS.png


備考

  • 検索範囲対応範囲 の大きさ(列)は同じにしてください。
  • セルの表示形式(標準、文字列等)は同じにしてください。
  • 数値(データ)は昇順にする必要があります。
  • 検索値検索範囲 内の最小値より小さい場合、エラー(#N/A)になります。
  • 検索値検索範囲 内の最大値より大きい場合(または検索値が見つからない場合)、検索範囲 内の最大値が表示されます。
  • 商品名称(例:Flower Name)は昇順に並んでいないので、この商品名称を 検索値 にしたLOOKUP関数は使えません。(商品名称で調べたい場合は、商品名称の隣に「No.」や「コード」などの列を追加して番号を振り分け、それを 検索値 とする方法もあります。)

  • もう一つの「配列形式」については別の記事で解説していますのでご参照ください。

52

関連した記事
Excel関数
VLOOKUP関数

表から値を検索する


一覧に戻る