INDIRECT関数 文字列からセル参照を取得する
0


このページでは、Microsoft Excel の INDIRECT関数の使い方について説明します。

概要

セル参照を表す文字列からセル参照を取得します。

書式

=INDIRECT(参照文字列, 参照形式)

引数 説明
参照文字列 セル参照を表す文字列を指定します。
参照形式 参照文字列の形式を指定します。
TRUEまたは省略A1形式
FALSER1C1形式

使用例

INDRECT関数を使って、A2セルに設定された値を取得する。

注意点

  • 「参照文字列」には、セル範囲の参照を表す文字列を指定することもできます。(例. "A1:A5")
  • INDIRECT関数の戻り値はセル参照ですので、セル参照を引数とすることができる関数で使用することもできます。

110


一覧に戻る